急に起こる胃腸炎での下痢や腹痛は本当に辛いものです。早く調子を戻したいけど、食事は一体どうしたらよいのでしょうか?ヨーグルトはお腹に良いイメージだけど胃腸炎の時は食べても良いのか、また、食べたら症状が悪化しないか疑問に感じている方も多いです。

今回は胃腸炎になった際にヨーグルトを食べても良いのかについてご紹介してきます。

胃腸炎の原因と主な症状

胃腸炎とは名前の通り、胃や小腸、大腸の粘膜が炎症を起こしている状態のことをいいます。炎症が胃だけの場合は胃炎、腸だけの場合は腸炎となります。

胃腸炎を大きく3つにわけると、急性胃腸炎・慢性胃腸炎・ストレス性胃腸炎があります。

急性胃腸炎

ウイルスや細菌の感染によって胃腸が炎症が起きる。状態。症状は主に、吐き気・嘔吐・腹痛・下痢。病原体に汚染された食べ物が原因となる場合は食中毒となる。

慢性胃腸炎

様々な原因がありますが、80%以上がピロリ菌が影響しています。その他には不規則な生活や食生活の乱れなどが原因であることが多いです。症状は胃もたれや胸やけ、食欲不振。症状が悪化してくると、急性胃腸炎と同じような症状が現れます。

ストレス性胃腸炎

強いストレスや慢性的にストレスを溜め続けることで症状が現れるようになります。主な症状は軽い痛みや違和感を感じることが多いです。

多くの場合は、急性胃腸炎であることが多いです。ノロウイルスの感染による胃腸炎も急性胃腸炎となります。

胃腸炎の時に食べて良い物

胃腸炎の時は胃腸の機能が弱くなっているので無理をして食べるよりも、基本的には何も食べないで胃を休めたほうが良いです。症状が落ち着いて収まってきたら少しづつ食事をすると良いです。

症状をが落ち着いても食欲がない場合は、無理して食べるのではなく水分と塩分を摂るように心がけましょう。スポーツドリンクや経口補水液などが良いです。

では、食事は何から食べたらよいのかというと、まず消化の良いものから始めましょう。お粥や野菜を細かく小さくして煮たスープなどが良いです。

ヨーグルトや乳製品も消化の良い食べ物に含まれますが、胃腸炎による下痢の症状が出ている時に食べてしまうと、症状がひどくなることがあるので控えたほうがよいです。下痢の症状が落ちついて、通常の食事まで出来るようになったらヨーグルトや乳製品でお腹の調子を整えるようにしましょう。

ヨーグルトで胃腸炎を予防!

ヨーグルトには乳酸菌が含まれています。乳酸菌は腸内の悪玉菌が増えるのを抑え腸内環境のバランスと整えてくれます。腸内環境が整うことで便通の改善や免疫力を高めたりと様々な効果が期待できます。

普段からヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂り、腸内環境をバランスとよく整えることで、感染性の胃腸炎(ノロウイルス等)予防にも繋がると言われています。また、仮に感染してしまった場合にも、善玉菌が多い状態であれば、症状が和らぐのも早いそうです。

まとめ

胃腸炎の症状がよくなってきたらヨーグルトを食べてお腹の調子を整えることは良いことです。しかし、下痢や吐き気など身体に何かしらの症状が現れている場合には、落ち治まってから少なめのヨーグルトから開始すると良さそうです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内環境を改善する働きがあるので、胃腸炎などの感染症予防として普段から摂取しておきたい食材の一つといえるでしょう。