毎日摂取したい「乳酸菌」ですが、食品から摂るのとサプリメントで摂るのとではどちらが良いのでしょうか?今回は乳酸菌の摂り方についてまとめてみました。

食べ物で乳酸菌を摂る場合

乳酸菌を含む食べ物と言えばヨーグルトを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?スーパーなどでも沢山の種類のヨーグルトが売られていますよね。ヨーグルトによって乳酸菌の種類も様々です。各社、酸に強く生きて腸まで届く乳酸菌を研究し商品にしています。

食べ物で乳酸菌をとる場合は、注意したいのはカロリーですね。ヨーグルトにお砂糖を入れて食べる場合はカロリーが高くなるので注意しましょう。

砂糖の代わりにオリゴ糖を使うと、腸の中の善玉菌のエサになるのでより効果が得やすいです。また、乳酸菌は相性がありますので、食べ物で摂る場合は、自分の腸内にあった乳酸菌を見つけ出す必要があります。

相性が合わずに、働かないまま便と一緒に排出されてしまってはもったいないので、効果がないなと思ったら、違う乳酸菌を含む製品に変えてみましょう。ヨーグルトの他にも、チーズ、味噌、漬物、納豆にも乳酸菌が含まれています。

サプリメントで乳酸菌を摂る場合

サプリメントで乳酸菌を摂取する場合のメリットは、なんといっても手軽なことです。カロリーも低く、賞味期限が長いのも良い点ですね。

また、食品から摂るとどうしても腸に届くまでに死んでしまう乳酸菌が、サプリメントであればより生きて腸まで届けることができるということです。乳酸菌のサプリメントは甘くおいしい味付けの物が多いようですが、ラムネなどのお菓子ではありませんので用法容量を守りましょう。

乳酸菌は摂りすぎても副作用の心配はないと言いますが、過剰摂取は避けたいものです。

まとめ

ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は自分に合ったものを見つけるまでに少し時間が必要になるかもしれません。

しかし、同時に乳酸菌のエサとなるオリゴ糖をとったり、食物繊維を摂るなど工夫次第でより効果が期待できるし、カルシウムやビタミンなど他の栄養素も摂る事ができるのが良いです。

サプリメントで摂る場合は、乳酸菌自体は効率よく摂る事ができて、毎日続けやすいでしょう。ただし、高価なサプリメントですと、どうしても費用がかかってしまうのがデメリットになってしまいます。サプリメントを飲む場合は、続けやすい価格のものを選ぶのがポイントです。