乳酸菌は私たちの腸内環境を良くしてくれる善玉菌として知られています。腸内環境が悪いと便秘になりやすく、そして太りやすくなってしまいます。

便秘解消、ダイエットの為に乳酸菌を摂るならばサプリメントがオススメです。ヨーグルトではダメなのと思った方もいるでしょう。そこで今回は乳酸菌サプリメントとヨーグルトを比較してみることにしました。

乳酸菌サプリメントは低カロリー

乳酸菌といえばヨーグルトを思い浮かべる方は多いでしょう。実はヨーグルトって結構カロリーが高いんです。

ダイエットをしたいから乳酸菌を摂ろうとしているのなら、カロリー摂取は気を付けなければいけません。いくら便秘解消してもカロリーをたくさん摂ってはダイエット効果が充分に出ませんよね。

そんな方にオススメしたいのが乳酸菌サプリメントなのです。

ヨーグルトVS乳酸菌サプリメント

乳酸菌サプリメントといってもヨーグルトと同じく沢山種類がありますが、ヨーグルトよりは低カロリーのもが多いです。1日に必要な乳酸菌量を摂るためにはヨーグルトは200g位食べると良いそうです。

ヨーグルト200g辺りのカロリー

・明治ブルガリアヨーグルト 124㎉
・ナチュレ恵 126㎉
・ビヒダスヨーグルトBB536 130㎉
・グリコ『朝食Bifix』 142㎉

乳酸菌サプリメント1日分のカロリー

・フジッコ『善玉菌のチカラ』 0.71㎉
・久光製薬『乳酸菌EC-12』 2.4㎉
・日本薬師堂『活き活き乳酸菌』 2㎉
・カルピス『ピオマイン』 4.02㎉

圧倒的にサプリメントの方がカロリーは低いことが分かります。ヨーグルトはプレーンの状態でのカロリーですので、砂糖や蜂蜜など甘味を加えればさらにカロリーが高くなってしまいます。

乳酸菌サプリメントのメリット

低カロリーなのはもちろんですが、サプリメントは腸まで届くよう工夫されているものが多く乳酸菌を生きたまま腸へ届けやすくなります。生きたまま乳酸菌が腸まで届くことで便秘の原因のひとつである腸内の悪玉菌を減らし、腸の動きを良くしてくれます。

また、いろいろな種類の乳酸菌を凝縮しているものもあり、自分の腸にあう乳酸菌に出会える確率も高いといえます。他には、ヨーグルトに比べて、賞味期限が長い事、手軽に飲める、持ち運びもしやすいのも魅力のひとつ。

乳酸菌は毎日継続して摂る事で効果を得ることができるため、続けられるものを選ぶことも大切です。

まとめ

乳酸菌サプリメントはダイエットの強い味方ともいえるでしょう。また乳酸菌は私たちの健康維持にはとても重要な菌といえます。腸内環境を整えることが健康への一歩であり、ダイエットにも効果があります。

ヨーグルトはダイエットにもよく取り入れられる食品ですが、意外とカロリーが高いですし、砂糖や蜂蜜をつかってしまうのでさらにカロリーが高くなってしまうこともあります。

ダイエット目的であるなら、カロリーの摂取は気を付けるべきなので、サプリメントならカロリーを気にすることもないわけです。乳酸菌も効率よくとることができるので毎日続けるにはヨーグルトよりもサプリメントが良いかもしれません。

とはいっても食事の代用にはならないのでサプリメントで乳酸菌を抑えつつ、カロリーに気をつかった栄養バランスの良い食事を心がけなくてはいけませんね。