腸内の環境を整えることで、便秘解消、免疫力をあげるなどの健康維持に繋がります。『オリゴ糖』や『食物繊維』は身体に良さそうというイメージはありますが、腸内環境を整えるためにどのような働きをするのでしょうか?

今回はオリゴ糖の働きからどのような効果が期待できるかについて説明していきます。

オリゴ糖は“善玉菌のエサ”

オリゴ糖を摂ることで腸内環境を整える効果があります。私たちの腸内には元々いろいろな種類の細菌がいます。なんと100種類100兆個もの細菌がいるといいます。その中で腸内で良い働きをするものを“善玉菌”、悪い働きをするものを“悪玉菌”といいます。

善玉菌の代表には“乳酸菌”や“ビフィズス菌”があります。ビフィズス菌は主に人の腸内、動物の腸内に生息していて、乳酸菌は自然界や人の腸内、動物の腸内、漬物などの発酵食品、乳製品などに生息しています。

善玉菌を増やすことで腸内環境を正常化させることができるのですが、オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌が腸内で悪玉菌の増殖を防いで腸内環境を整えてくれるのです。

オリゴ糖は、消化されづらくそのまま腸まで到達することができます。乳酸菌とオリゴ糖を一緒に摂取することで、より効果を得られます。

バランス良く摂る事が大事!

元々、腸の中に乳酸菌やビフィズス菌が少ない環境でオリゴ糖を摂っても無駄になってしまいます。そのため、乳酸菌やビフィズス菌と一緒にオリゴ糖を摂ると良いでしょう。

オリゴ糖のシロップや、バナナ、はちみつと一緒に乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトを食べると効率よく両方摂取することができます。

次の項目でお話する食物繊維を多く含む大根をプラスすることで便秘解消に効果が期待できます。『バナナ+はちみつ+ヨーグルト+大根おろし』ちょっとギョッとする組み合わせですが、はちみつの甘味があるのであまり気になりません。

食物繊維“善玉菌のエサになり、有害物質を減らす”

食物繊維もオリゴ糖と同様に“善玉菌のエサ”になってくれます。食物繊維はビフィズス菌、乳酸菌などのエサになり、大腸内の酸性化を高めて、酸に弱い悪玉菌の増殖をおさえ、善玉菌が増えるサポートをしてくれて、腸内環境を整えます。

また腸内で便のかさをましたり、便を軟らかくして排便をスムーズにしたり、食後の急激な血糖上昇を防ぐ効果もあります。

まとめ

オリゴ糖、食物繊維はどちらとも善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。元々の腸内の善玉菌が少ない状況で摂取するよりも、一緒に摂取することで効果を発揮してくれます。

特にオリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌と一緒になることで力を発揮できることが研究されています。食物繊維は、エサとなる他、便のかさを増す、便を軟らかくする、血糖値が上がるのを防ぐなど他の効果も期待できる。

このようにオリゴ糖は上手く摂取することで、体に良い変化をもたらせてくれるというわけですね。