私たちの腸内には細菌がいます。細菌というと嫌なイメージかもしれませんが、腸内で良い働きをしてくれている菌もたくさんいます。

腸の中で良い菌が増えることで、体全体の健康に繋がるって知っていましたか?そこで今回は腸内細菌について紹介していきます。

腸内細菌とは

私たちの腸の中にはおよそ100種類、100兆個もの細菌が生息しています。腸内細菌は主に善玉菌・悪玉菌・日和見(ひよりみ)菌の3つに分けられます。

腸の中で一番多いのは日和見菌です。聞きなれない名前の菌ですよね。この日和見菌は、善悪どちらでもない中間の菌ともいえます。日和見菌はビタミン合成など体にとって良い働きもしますが、腸内が悪玉菌優勢の時には悪玉菌と同じで有害物質を作ってしまいます。

悪玉菌は名前の通り悪い菌です。たんぱく質や脂質の多い食事や不規則な生活、ストレスや便秘などが原因で増えていきます。悪玉菌は腐敗物質や発がん物質を生みだすなど私たちにとって悪い効果をもたらします。

善玉菌は腸の動きを整え、便秘や下痢の予防、免疫力アップ、感染予防など私たちにとって良い働きをしてくれる菌です。有名なのが乳酸菌や、ビフィズス菌は善玉菌です。

年齢とともに、善玉菌の数は減り悪玉菌勢力が優勢になってしまうと言われています。では、腸内細菌(善玉菌)を増殖させるためにはどうすればよいのでしょうか?

善玉菌を増やしたい

1.善玉菌を多く含む食材をとる

乳酸菌やビフィズス菌を含む食品はヨーグルト、漬物、牛乳や味噌などがあります。

2.オリゴ糖や、グルコン酸を一緒にとる

乳酸菌も生き物でオリゴ糖やグルコン酸を食べます。はちみつはオリゴ糖とグルコン酸両方を含んでいます。ですから、乳酸菌を含むヨーグルトと一緒にはちみつやオリゴ糖をとるのはより効果が期待できる食べ方といえます。

3.納豆菌をとる

納豆に含まれる納豆菌は悪玉菌を減らす働きを持っていて、腸内を善玉菌優勢にするにはもってこいの食材です。

4.サプリメントを飲む

乳酸菌を含むサプリメントがあります。食品から乳酸菌を取ろうとするとどうしても、胃酸で乳酸菌が死んでしまうことがあります。その点サプリメントは、沢山の乳酸菌を濃縮し、腸で効果がでるように工夫されているので効率よく腸内の乳酸菌を増やすことができます。

まとめ

腸内細菌は大きく分けて善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つです。増やしたいのは善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)で、食品やサプリメントを使って外部から積極的に摂取していくことが望ましいです。

様々種類の乳酸菌があり、ヨーグルトなども沢山発売されているので、何種類か試してみて、自分の腸と相性の合うものを見つけて続けて摂取していきたい。

乳酸菌のエサとなるオリゴ糖やグルコン酸を一緒にとり腸内にいる乳酸菌を育てることも大切です。