花粉症は一度発症してしまうと一生治らないと言われています。毎年、花粉シーズンはうんざりしていませんか?

そんな花粉症の予防対策として乳酸菌が注目されています。一見無関係に思える乳酸菌ですが、腸内環境を整えて体質改善をすることが花粉症予防として効果を発揮するのです。

花粉症と乳酸菌が関係あるの?

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が起こる原因は、『Th1』『Th2』という2種類の免疫細胞のバランスが崩れることが関係していて、乳酸菌にはこの免疫細胞のバランスを整える効果があるのです。

アレルギーのでやすい体質の人は、腸内環境を整えることで改善していくという効果も研究で解明されています。

花粉症対策の為にはいつから食べると良い?

正直いうと、花粉症の症状が出てから対策をするのでは遅いです。最低でも、花粉症の症状が出る1か月前から継続して摂取しましょう!

ヨーグルトに砂糖を加えて食べる人が多いと思いますが、花粉症対策で食べるのなら控えた方が効果が出ます。砂糖を加えると、免疫力が低下するのを防ぐビタミンBが減少してしまいます。できるだけ無糖を選びましょう。

甘味が欲しい場合は黒砂糖やはちみつ、メイプルシロップ等を利用しましょう

りんごを一緒に食べるのもオススメ

りんごは花粉症対策にも良いとされる果物って知ってましたか?リンゴに含まれるペクチンには、善玉菌を増やし腸内環境を整える効果があります。

腸内環境を整えることで、免疫力が正常化し体質改善に繋がるのです。また、エビカテキンという成分は花粉症、アトピー性皮膚炎の炎症を鎮める働きがあります。

花粉症に効果がある乳酸菌

1.オハヨー乳業 L-55乳酸菌

花粉症の症状である鼻症状、血清中の抗原特異的IgE抗体価を低下させる効果がある。

2.カルピス社 L-92乳酸菌

眼のかゆみ、鼻の症状に効果があり、花粉シーズン中6週間摂取で症状が改善し、花粉が飛ぶ8週間前の摂取で予防効果ありと確認されています。

3.伊藤園 フェリカス菌1000

フェリカス菌は、他の乳酸菌よりも小さいのが特徴で、同じ量のヨーグルトでも大量に摂取することができる。スギ花粉症患者がフェリカス菌を8週間摂取したところ、眼のかゆみ、鼻症状が改善。

4.明治 LG21乳酸菌

胃酸に強く、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの原因であるピロリ菌を減少させる他、生きた腸に届き腸内環境を整えて免疫力を高める

メーカー側は薬事法の問題もあるために、花粉症対策と効果を発揮するという宣伝していません。効果が期待できる成分(乳酸菌)が含まれていますと表記されていることが多いです。

まとめ

乳酸菌入りヨーグルトには花粉症改善の効果を期待することができます。ただし、種類や相性があるので自分に合った乳酸菌を見つけて花粉症のシーズン前から継続的に摂取することで体質改善をすることが大切です。

乳酸菌は便秘解消だけでなく、花粉症の予防対策にも良い菌とうことが分かりましたね。