健康の為に意識して乳酸菌を含む食品を食べている方は、意外と多いのではないでしょうか。乳酸菌を摂りすぎると、何か体に悪いことがあるのではと考えたことありませんか。

今回は乳酸菌の摂り過ぎは体に悪影響を及ぼすのかどうかについて説明していきます。なんとなく、朝ヨーグルトを食べているけれど量は足りているのか、食べ過ぎになっていないか気になってい方は、この機会に乳酸菌の基礎知識を学んでみましょう。

乳酸菌を摂りすぎるとどうなるの?

乳酸菌を大量に摂取してしまっても、特に大きな副作用はないと言われています。ただし、胃腸が弱い人は、腸の活動が活発になりすぎることで下痢や腹痛が起きる場合があるので注意しましょう。

生きた乳酸菌が沢山腸内に到達したとしても、全てが善玉菌として働くわけではなく、相性が合わなかった場合や多すぎた場合は便として外へ出て行ってしまいます。

やみくもに沢山乳酸菌を摂るよりも、自分の腸内と相性の合う乳酸菌を含む製品を探してみる方が効果を得やすいかもしれません。

また、乳酸菌を摂るためにヨーグルトや乳酸菌飲料を摂取する際、糖分が含まれている場合は、大量に食べることで肥満や虫歯の原因になりますので気を付けましょう。

乳酸菌は1日にどれくらい必要なの?

食品から乳酸菌を摂る場合は、1日の200~300g必要と言われています。よくスーパーで売っているブルガリアヨーグルトは1箱450gなので、約半分ということです。

乳酸菌は熱や酸に弱く、腸に到達するまでに死んでしまうことが多い為、効果を発揮するには量が必要となってきます。死んでしまった乳酸菌は、生きている乳酸菌のエサとなって腸内環境改善の力になってくれますので無駄にはなりません。

以下のページでも紹介しています。
乳酸菌は死んだら意味なし!?生きてる善玉菌のエサになる!

量が良くわからない、そんなに食べられないという人は、乳酸菌飲料やヨーグルトのパッケージに注目してみましょう。「1日に必要な乳酸菌を含む」など量が書いてあるものを選ぶとわかりやすいです。

ヨーグルトや乳酸菌飲料以外にも味噌、キムチ、ぬか漬けなどにも乳酸菌が含まれています。そして、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を含む食品を一緒に摂るとより効果がアップします。

まとめ

乳酸菌を摂りすぎても副作用はないので安心して食べてもよいです。ただし、腸の動きが活発になりすぎて腹痛や下痢になることがあるので、自分のお腹の調子をみて量の加減しましょう。

摂りすぎた分は、そのまま便となって外へ出てしまうので害は無いが、あまり意味もなくなってしまうので、効率良く摂りたいなら、パッケージに乳酸菌の量が書いてある商品を利用してみるのもひとつの手ではないでしょうか。