乳酸菌はお腹の調子を整えたり便秘の解消だけでなく、アトピーや花粉症などのアレルギーにも有効性があると研究により明らかとなっています。乳酸菌を積極的に摂取することは健康に良いわけですが、乳酸菌をどの食品から摂ったらよいのか分からない方は多いです。

今回は乳酸菌を含む食品と、乳酸菌の働きをサポートするオリゴ糖や食物繊維を含む食品についてまとめました。

乳酸菌を含む食品

乳酸菌と聞いて、誰しもがすぐに思い浮かぶのはヨーグルトではないでしょうか。ヨーグルトは乳酸菌を含む代表の食品でもあります。乳酸菌はヨーグルトだけでなく、様々な食品に含まれています。そして乳酸菌は大きく、動物性乳酸菌植物性乳酸菌に分けることができます。

動物性乳酸菌を含む食品

動物性乳酸菌は動物性の食品を発酵させる乳酸菌のことを指し、ヨーグルトやチーズ(特に加熱していないナチュラルチーズ)や発酵バターなどの乳製品に多く含まれています。

動物性乳酸菌は胃酸に弱く、腸まで届かずに分解されてしまい死滅します。しかし、動物性乳酸菌は植物性乳酸菌のエサとなり、植物性乳酸菌の働きを活性化させる役割があります。

植物性乳酸菌を含む食品

植物性乳製品は植物性の食品を発酵させる乳酸菌のことを指し、漬け物など醗酵させた食品に多く含まれます。味噌やキムチ、ぬか漬け、塩麹、納豆にも植物性乳酸菌は含まれています。他にも、ワインや日本酒にも乳酸菌が含まれています。

発酵食品に含まれている植物性乳酸菌は、胃酸に強いく腸に届きやすいのが特徴です。

乳酸菌の働きをサポートする食品

乳酸菌を多く含む食品を積極的に摂ることで腸内の乳酸菌の数を増やすことができます。そして、もう一つ、乳酸菌の数を増やす方法があるのです。それは、乳酸菌の栄養源となるオリゴ糖や食物繊維を含む食品を摂るというものです。

オリゴ糖や食物繊維は乳酸菌の栄養源となり乳酸菌の働きをサポートしますので、腸内でより力を発揮してくれます。

オリゴ糖を含む食品

オリゴ糖はごぼう、玉ねぎ、ニンニク、いんげん、大豆など、野菜の根や種の部分や豆類に含まれています。大豆を加工した食品である豆乳や豆腐、きな粉にも含まれています。

最近はオリゴ糖のシロップなども販売されていますので、ヨーグルトなどにかけて食べるのもよいでしょう。

食物繊維を多く含む食品

食物繊維を多く含む食品は、海藻類(寒天、ひじき、もずく、わかめ)、野菜類(ごぼう、オクラ、わかめ)果物(バナナ、キウイ、ドライフルーツ)豆類(納豆、きなこ)イモ類(サツマイモ、かぼちゃ)などがあります。

まとめ

乳酸菌を含む食品は、動物性乳酸菌を含む乳製品と植物性乳酸菌を含む発酵食品があります。二つをベースにオリゴ糖、食物繊維を含む食品を一緒に組み合わせて摂取するとより効果を得られることでしょう。

ヨーグルトにきな粉とバナナ、またはオリゴ糖シロップをかけて食べたり、お酒を飲む方はワインと一緒にチーズを日本酒であれば漬物をつまみにしたりするわけです。いろんな組み合わせるが出来るので飽きることなく、そして楽しく乳酸菌を摂取することができます。

味噌や醤油などにも多く含まれているので、和食中心にすることで自然に乳酸菌も摂取することができます。朝は果物とヨーグルト、夜は和食の献立にしてみるのも良いかもしれませんね。

乳酸菌が多く含む食品を食べて、健やかな生活を送れるようにしましょう。