乳酸菌は生きているというけれど、腸に届く前に死んでしまったら意味がないのでしょうか。そもそも、なぜ乳酸菌は死んでしまうのかも気になるところです。

そして生きたまま乳酸菌が腸に届くことで、どんな効果があるのでしょうか。今回は乳酸菌の効果や働きについて説明していきます。

乳酸菌は死んでも無駄にはならない!

生きている乳酸菌は熱や酸に弱く、私たちが乳酸菌を含んだ食品や飲料を摂取しても腸に到達するまでに胃酸で死んでしまうことが多いのです。しかし驚くことに、乳酸菌は死んでしまっても無駄にはなりません。

死んでしまった乳酸菌は、生きている善玉菌(腸の中で良い働きをしてくれる乳酸菌やビフィズス菌のこと)のエサとなって、善玉菌の活性化に一役かってくれます。善玉菌が活性化することで、腸内環境の改善に繋がるのです。

生きた乳酸菌は腸内環境を整える

「生きた乳酸菌が腸まで届く」という宣伝フレーズをよく耳にしますよね。乳酸菌の研究は進んでいて、実に様々な種類の乳酸菌が発見され、この研究の結果として酸に強いタイプの乳酸菌を含む商品も発売されています。

腸内で生きている乳酸菌は、悪玉菌と呼ばれる臭い便や病気の原因となる菌を減らす効果があります。腸内で乳酸菌が増える事で、腸内運動が活発になり、消化吸収の促進、便秘・下痢の解消に繋がります。

また生きたまま乳酸菌が腸まで届いたとしても、相性が悪いと乳酸菌は働かずにそのまま排出されてしまうことがあるのをご存じでしょうか。乳酸菌を含むヨーグルトを食べても、いまいち効果が感じられないと思った方も多いでしょう。

それはヨーグルトが悪いわけではなく、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が合わなかっただけなので、違うタイプの乳酸菌を含むヨーグルトに変えて試してみましょう。

また、乳酸菌は漬物や納豆の中にも含まれていてます。漬物や納豆に含まれる乳酸菌は厳しい環境で生き残ることができると言われているので、腸まで生きて届きやすいと言えます。

腸内にいる乳酸菌を育てる

私たちの腸の中には、もともと住み着いている乳酸菌も存在します。外部から乳酸菌を摂取することも大切ですが、すでにいる乳酸菌を育てることも大切です。

乳酸菌のエサとなるのは最初に説明した死んでしまった乳酸菌、ほかにはオリゴ糖、食物繊維などがあります。乳酸菌を含むヨーグルトに食物繊維豊富な干しプルーンとオリゴ糖を混ぜて食べるのがオススメです。

まとめ

生きてる乳酸菌、死んだ乳酸菌どちらも腸内で良い働きをしてくれる優秀な菌なので、毎日の生活に摂り入れたほうがよいです。

また、すでに腸内にいる乳酸菌を育てることも大切なので、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維も積極的に摂っていきたいですね。ただ、乳酸菌は合う合わないがあるので自分に合った乳酸菌を摂取することも大切です。