整腸剤を飲んで下痢をしてしまうって方は、意外と多いようです。牛乳やヨーグルトを飲んだり食べたりした後に下痢になってしまうのは、乳酸菌が腸内で活動している証拠であり、副作用などではないと言われています。

整腸剤はお腹の調子を整える薬のはずなのに、下痢をしてしまうのは何故でしょうか?その原因についていろいろと調べてみることにしました。

整腸剤の副作用ではない!

下痢を改善しようと整腸剤を飲んだのに、下痢が悪化してしまうともう飲むのを辞めてしまうという人が多いのではないでしょうか。しかし、これは乳酸菌が腸の中で戦っている証拠と言われています。

服用をやめてしまうと、せっかく腸内で乳酸菌が頑張っていたのに途中で辞めさせてしまうことになります。しかし、下痢は辛いですよね。

そんな時は、薬の量を減らしてみましょう。それでも続けた方が良いということです。しばらくすると場内環境が落ち着き、下痢もおさまってくるでしょう。

抗生剤と一緒に使用した場合

病院で抗生剤と一緒に整腸剤を処方される事があります。抗生剤と一緒に整腸剤飲んでいて下痢を起こしてしまう場合があるようです。

これは抗生剤の方の副作用により下痢を起こしている事が多いようです。

牛乳アレルギーがある場合

ラックビー、ビオスリー、タンナルビン、エンテロノン‐Rなどの整腸剤は、牛乳アレルギーのある方は使用してはいけません。整腸剤だから大丈夫と飲んでしまいそうですよね。

整腸剤の製造過程で乳酸菌の安定化の為に、脱脂粉乳を使用しているため、牛乳アレルギーのある場合は服用禁忌とされています。

牛乳アレルギーがある方は整腸剤を飲んでしまうと下痢がおこることがあります。

乳酸菌の摂りすぎ

乳酸菌は過剰摂取したとしても、不要な分は便と一緒にでていくので問題はないと言われていますが、腸内の動きが活発になることで排便の回数や下痢になってしまうこともあるようです。

整腸剤で乳酸菌を摂取しているのに加え、乳酸菌飲料やヨーグルトなどを飲んだり食べたりしている場合は一度どちらかを中止して調子をみてみるのも良いかもしれません。

まとめ

整腸剤自体は下痢を起こす副作用はなく、下痢を改善する効果がある薬です。しかし、改善するまでに一時的に下痢の症状が悪化する場合があることを知っておいた方が良いでしょう。

下痢が悪化した際も、服用を辞めずに続けて飲むことで腸内環境が整い次第、下痢もおさまるはずです。ただし、牛乳アレルギーのある場合は整腸剤は飲んではいけないものがあるので注意が必要です。

もし、不安であればお医者さんや薬剤師さんに一度、確認をとってみるといいでしょう。