便秘や下痢で悩んでいる人は多いと思いますが、整腸剤と乳酸菌サプリメントはどちらを飲んだ方がよいのか迷っていませんか。

どちらも乳酸菌を含み、お腹の調子を整えてくれますが、あなたは整腸剤とサプリメントどちらを選びますか?

整腸剤は「乳酸菌のくすり」

整腸剤とは腸内環境を整えるお薬のことで、腸の機能向上や下痢、便秘解消が期待できます。整腸剤は腸にとって良い働きをする菌を補うことで、腸内環境を整えれくれます。

たとえば「新ビオフェルミンS錠」の特徴をあげると、新ビオフェルミンS錠は食後に服用することで、胃酸の影響を受けることなく、生きたまま乳酸菌を腸まで届けることができます。

また、新ビオフェルミンS錠に含まれる乳酸菌は、もともと健康なひとの腸内にすむ善玉菌から採取、研究されたものでヒトの腸内と相性が良く、習慣性になることもなく、効果も得やすいと言えます。

赤ちゃんから高齢者、妊娠中、授乳中でも安心して服用できるのも特徴です。下痢や便秘の症状が出た時だけ飲むのではなく、日頃から服用することで、腸内環境を整え、予防することに繋がります。

整腸剤とサプリメントとの違いは、症状の改善、緩和などの効果や効能が科学的に証明され、認められているということです。「乳酸菌のくすり」として確かな効果、安全性があるということですね。

サプリメントは「乳酸菌を補足する食品」

一方「サプリメント」とは、「追加」「補足」よいう意味をもちます。栄養補助食品と呼ばれる通り、不足しがちな栄養を簡単に補うために作られた食品です。整腸剤とサプリメントで比較する際は腸内環境改善が目的ですので、「乳酸菌」を含むサプリメントを選びます。

乳酸菌サプリメントも様々な種類が発売されています。サプリメントを選ぶ際のポイントは生きたまま届く乳酸菌を含んでいるか、続けられるか+アルファの効果があるかです。

まず、生きたまま届く乳酸菌ですが、乳酸菌は胃酸に弱い生き物です。酸に強く腸まで生きて届く乳酸菌を含んでいるサプリメントを選びましょう。

次に続けられるか。サプリメントで摂取する場合は、価格も注意しましょう。飲んですぐ効果がでるというよりは、続けて飲んでゆっくり腸内を掃除するというイメージです。

また、飲み続けられる価格のものを選ぶということも大切です。サプリメントで、うれしいのは+アルファの効果が選べることと上記でも紹介しましたね。

たとえば、オリゴ糖などは腸内で善玉菌のエサとなりますので、乳酸菌と一緒に摂取することで、より腸内での効果を期待することができます。

まとめ

整腸剤と乳酸菌のサプリメントどちらが良いかは難しいところです。整腸剤の利点は、効果効能が科学的に認められているので安心して服用できるということ。

サプリメントの利点は、自分に合った+アルファの効果を選んで服用できることですね。

どちらも、飲み続けることで効果を持続させることができるので、価格面での続けやすさを考えると整腸剤の方が安く続けやすいかもしれません。