便秘にはコーラックと昔から言われていますが、副作用についてはあまり知られていませんよね。手軽に使える便秘薬ですが効果がある分、身体への負担も大きいようです。

初めてコーラックを飲むという方は、注意して使っていきたいです。

腹痛、下痢、吐き気、常習化などの副作用あり!

コーラックに限らず便秘薬には常習化・依存してしまう人が多くいるようです。多くの人が悩んでいる便秘に手っ取り早く使えるのが便秘薬でもあります。

しかし、使い方に注意しないと実は恐ろしい副作用が起きてしまう可能性もあります!まず、常習化・依存性についてです。

便秘薬というのは動きの悪くなった大腸の粘膜を刺激して、腸を働かせて便をださせます。しかし、便秘薬を使い続けているとこの刺激に徐々に身体は慣れてしまい、効かなくなってしまいます。

便秘薬を使ってない時も、本来は排便できるはずなのに、身体が反応せずに排便できないという状態になってしまうこともあります。

次は、わかりやすい副作用ですが、コーラックを飲んだことによって、腹痛、下痢、吐き気などが起きることがあるようです。腹痛や下痢は、腸に刺激があたえられた為に起こる症状でもあります。

吐き気は刺激によって胃にダメージを受けたためと思われます。胃が弱い人は胃薬を一緒に服用しておく方が良いかもしれませんね。

初めて飲む時は、副作用に注意

はじめてコーラックなどの便秘薬を使用する場合は、副作用が起きることも想定しておきましょう。仕事をされている場合や予定がある前は避け、休みの日の前日に飲むなど余裕をもちましょう。

また、便秘薬を使う前に運動や食生活の見直しなど、できる限りの努力をしてみましょう。便秘は水分不足も要因と言われていますので、いつもより意識して水分管理をしてみるのも自然な便通を促す一歩になるかもしれません。

まとめ

コーラックは便秘解消に効果が期待できそうだが、効果がある分副作用もあるので飲む際には覚えておくようにしましょう。強い刺激の成分を含むため、腸への負担も大きいと言えるのではないでしょうか。

自力での排便ができなくなっては便秘解消にはなりませんので、コーラックは副作用を理解した上で緊急時に使用する程度にした方がよさそうですね。