「腸内環境」と「アレルギー」や「アトピー性皮膚炎」は一見別物のような感じがしますよね。実は昔から「健康の基本は腸」と言われていて、腸内環境の善し悪しが体全体の状態に影響するのです!

腸内環境改善で体質改善!

私たちの腸内には、善玉菌や悪玉菌が住み着いています。善玉菌は名前の通り、私たちの腸内を健康な状態にしてくれる良い働きをする菌です。

反対に悪玉菌は、悪い効果をもたらす菌で、腐敗物質を作り出し、悪臭のもとになります。悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなると便秘の原因になり、臭いおならが出たり、腹痛、肌荒れなどの原因にもまります。

乳酸菌は腸内環境を整える善玉菌です。乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腸内環境を整えることができます。

腸内環境とアトピー、アレルギー

アトピーやアレルギーの発症の原因は免疫バランスの崩れが原因です。乳酸菌は腸内で免疫細胞を刺激して活性化させることでくずれた免疫バランスを改善してくれると言われています。

アトピーやアレルギー・花粉症など一度発症してしますと、何度も繰り返して困ってしまいますよね。アトピーやアレルギーなどの予防に乳酸菌を摂取するなら、発症前から飲んで、時間をかけて腸の中をキレイにすることが大切です。

ビオフェルミンで花粉症予防

新ビオフェルミンSにはヒトの腸内に住み着きやすいタイプの乳酸菌が含まれています。なによりも、魅力なのは続けて飲んでも問題ないこと、妊婦さんや授乳中のママ、赤ちゃんだって飲めることです。

乳酸菌ならヨーグルトでも良いのでは?と思うかもしれません。たしかにヨーグルトでも、もちろん効果はありますが、乳酸菌には様々なタイプがあり、相性が合わないと乳酸菌は効果を十分に発揮することができません。

まとめ

ビオフェルミンはアレルギーやトピー性皮膚炎予防によいと言われています。ただし、発症する前から長い時間をかけて腸の中をキレイにし、免疫バランスを整えてから効果を発揮するので気長に毎日飲み続けることが大切です。