一度なってしまうと、治らないと言われている花粉症ですが、毎年シーズン前になると憂鬱ですよね。そもそも花粉症は、免疫バランスの崩れから発症するそうです。

また、最近では生活習慣もアレルギーや花粉症の原因のひとつとされています。花粉症対策として、乳酸菌の免疫バランスを整える力が注目されています。

では、乳酸菌を接種するだけで花粉症対策になるのでしょうか?

カルピス社の乳酸菌

カルピス社の「L-92乳酸菌」は、免疫機能に働きかけ、アレルギー(花粉症)対策に効果が期待できる。「L-92乳酸菌」は、体の中の免疫バランスを整える働きがあり、花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピーの症状改善効果が確認されています。

「L-92乳酸菌」を含む飲料は、『大人の健康・カルピス L-92乳酸菌&カルシウム』『大人の健康・カルピス L-92乳酸菌&1日分のビタミン』『すくすくカルピスキッズ』『守る働く乳酸菌L-92』に含まれています。

残念ながら、薄めて飲むタイプのカルピスやカルピスウォーターには含まれていないそうです。カルピス社は、花粉症対策として「L-92乳酸菌」を摂りながら、生活習慣を徹底することを推奨しています。

「L-92乳酸菌」でカラダ全体のバランスを整え、内側から強くなる、その為には生活習慣を見直し、食事からもアレルギー対策をすることが大切で効果的としています。

ヤクルトの乳酸菌

“乳酸菌 シロタ株”は、強化培養された強い乳酸菌で生きたまま腸まで届き、良い菌を増やして悪い菌を減らしてくれます。

スギ花粉症の患者がヤクルトを8週間飲み続ける実験が行われました。症状自体を改善することはなかったものの、症状の悪化を遅らせる効果が確認されました。

特に宅配販売でしか購入できない『ヤクルト400』には、乳酸菌シロタ株が多く含まれていて、腸内環境を改善し、免疫細胞のバランスを改善する効果がより期待できます。

花粉症のために飲むのであれば、食後に飲むとより効果的です。食後であれば胃酸が薄まっているので、乳酸菌がより壊れにくくなるためです。

まとめ

カルピスやヤクルト飲むだけでは、花粉症対策に効果が期待できるわけではありません。まず生活環境、食生活の全体を見直すことが大切です。その上で、乳酸菌を摂取して腸内環境を整え、免疫力を高めることで花粉症対策の効果が期待できるようになるわけですね。

乳酸菌は即効性があるものではないので、シーズン前から継続して摂取して時間をかけて免疫力をつけることで花粉症やアレルギーの予防となるわけですね。