一度発症すると、治ることが難しいとされている花粉症。毎年、毎シーズンうんざりしてしまいますよね。

そんな花粉症対策として空気清浄機は効果があるのでしょうか?また、花粉症対策に有効な空気清浄機の使い方とはどのようなものがあるのでしょうか。

困った花粉症、空気清浄機は効果がある?

屋外に1時間いただけで、服には約8万個もの花粉が付着してしまうといいます。8万個も花粉をつけた状態で、自宅に帰ったら…家の中には花粉が沢山まってしまいます。

花粉が充満した室内にいては花粉症の症状が落ち着くはずがありませんよね。室内に入ってしまった花粉対をどうにかしたい場合には空気清浄機が有効です。

しかし注意したいのが空気清浄機の選び方、使い方です。よく、室内に花粉を持ち込まない為に、玄関先で花粉のついた服を、手で払うという方法が紹介されますが払った花粉は、玄関の床に落ちているのは覚えておきましょう。

空気清浄機は床に落ちた花粉を吸ってくれる?

空気清浄機の弱点と言えるのが、床に落ちた花粉を吸えないことです。基本的に空気中に浮いている花粉しか吸ってくれないそうです。これは盲点ではないでしょうか。

私も花粉症ですが、空気清浄機使っていれば安心と思っていました。空気清浄機を使っているのに、花粉症の症状が軽くならないという人は、もしかしたら床に落ちている花粉が原因かもしれません。落ちた花粉は、拭き掃除、掃除機で処理すると良いとされています。

花粉をキャッチしてくれるフィルターかどうか

花粉症対策に有効な空気清浄機として、HEPAフィルター搭載の空気清浄機が注目されています。HEPAフィルターは、0.3μmのホコリを99.97%キャッチすることができると言われています。

花粉の大きさは小さいものでも20μmなので充分捕獲が可能なフィルターだということです。

空気清浄機の置き場所

空気清浄機を置く場所って何となく決めていませんか?花粉症対策に使いたいのなら、玄関や窓際など花粉が侵入してくるところに置くとより効果がでやすいそうです。

まとめ

花粉症の対策として、空気清浄機を使用することは有効であることがわかりました。特に、小さい花粉でもキャッチできるフィルターを搭載した空気清浄機を選ぶと良いですね。

空気清浄機は床に落ちている花粉を吸ってくれないというのは、初めて知った方も多いのではないでしょうか?花粉対策に空気清浄機に加え、床掃除も一緒に行うとよいですね。