あなたは花粉症、鼻炎について理解していますか?花粉症は一度発症すると毎年悩まされますよね。鼻炎はどうでしょうか?

鼻炎とはさまざまな理由で起きる鼻の症状です。今、症状がでているくしゃみ、鼻水は花粉症?鼻炎?どちらなのでしょうか。

花粉症は『花粉が原因の鼻炎や結膜炎など』

花粉が原因で起こるものが花粉症です。症状は鼻水、くしゃみ、鼻づまりなど鼻炎と同じ症状の他に、眼のかゆみ、のどの渇き、肌の乾燥など様々です。

日本人の国民病とも言われる花粉症は、特にスギ花粉が飛散する時期に患者数が増加します。花粉症は別名『季節性アレルギー鼻炎』とも呼ばれています。

花粉の飛散する季節にきまって症状がでるのが特徴です。また花粉症の鼻炎症状は、サラサラの透明な鼻水、連続したくしゃみが出ると言われています。

鼻炎とは『異物が体に侵入することでおきる鼻症状』

鼻炎とは、くしゃみや鼻水、鼻づまりなど鼻の症状がおきることです。主な原因は、花粉症と同じく花粉、他にダニやホコリ、カビなど異物が体内に入る事で発症します。

鼻炎にはアレルギー性鼻炎、通年性鼻炎アレルギー、季節性アレルギー鼻炎、急性鼻炎、ウイルス性鼻炎、萎縮性鼻炎などがあります。つまり、花粉症も鼻炎のひとつです。

鼻炎を放置すると…?

鼻水をかまずに、すすっていませんか?すすっていて鼻水がたまっていると副鼻腔炎(蓄膿症)になってしまう可能性があります。

また中耳炎の原因にもなってしまうので、耳鼻咽喉科で診察をうけておくことをオススメします。また、鼻づまりの状態が長引くと集中力が低下、いびき、睡眠時無呼吸症候群、頭痛、のどの乾燥などが起きてきます。

まとめ

鼻炎には様々な原因があり、花粉症も鼻炎のひとつです。ただ、花粉症には鼻炎に加え、目のかゆみ、充血などほかの症状もでる。

いずれにせよ鼻炎が起きて長く続くいる場合は、原因をしって放置せずに改善していた方がよさそうです。長く続く鼻づまりは、他の病気や症状を引き起こす可能性があるので軽くみずに病院を受診しましょう。