健康は腸内環境からと言われるように、腸の調子はとっても大切です。毎日の健康維持に、ビフィズス菌サプリメントを試してみませんか?

そこで今回はネット販売で話題となっているビフィズス菌サプリメントの人気商品をまとめてみました。購入の際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

第1位 ビフィーナS<スーパー>

医薬品メーカーの森下仁丹が発売しているサプリメントです。1包あたり50億個の「ロンガム種ビフィズス菌」を配合しております。

ヒト由来のビフィズス菌である「ロンガム種ビフィズス菌」は胃酸や胆汁に強くて、善玉菌を増やす力が強いと言われています。また、独自のカプセル使用により生きたまま90%も腸に届くので効果が得やすいです。

ビフィズス菌をサポートする乳酸菌とオリゴ糖も一緒に配合しているのも魅力的です。レモン風味で飲みやすく、そして続けやすい、リピート率も高いということで、発売累計810万個を突破した話題の商品です。

価格は1か月分(30包)が3,856円。(初回は2,980円)となっています。

第2位 ビヒダスBB536

森永乳業が発売しているサプリメントです。1日2カプセル分に150億個のビフィズス菌“「BB536」を配合しています。

「BB536」は、一般的なビフィズス菌と比べ酸や、酸素に強いため、生きたまま腸に届き悪玉菌を減らしてくれます。また、「BB536」は健康な乳児から発見されたヒト由来のビフィズス菌で腸との相性が良いです。

「BB536」は整腸作用だけでなく、花粉症、アレルギー対策にも効果があると言われています。

アメリカFDAの認定を受けていて、安全性が高いです。そのため多くのヨーグルトや、サプリメントに使われていて馴染みのある乳酸菌です。

価格は1か月分(90カプセル)が3,670円です。

第3位 ビフィズス菌+キシロオリゴ糖

サントリーが発売しているサプリメントで、胃酸に強い「ロンガム種」というビフィズス菌とミルクオリゴ糖、食物繊維を配合しております。「ロンガム種ビフィズス菌」は、酸に強く生きて症まで届く確率が高いです。

お腹に届いたビフィズス菌をより元気に活動させる為、ビフィズス菌のエサとなり体内での育成を助ける働きがあるミルクオリゴ糖を一緒に配合することによりより効果が期待できます。

脂質ゼロで、スッキリした甘味。顆粒タイプなので、食べ物や飲み物に混ぜられるのも特徴的です。

価格は1か月分(30包)が2,700円です。

第4位 サラビィ

ヤシノミ洗剤など自然派の商品を扱うサラヤが販売しているサプリメントです。1粒に30億個のヒト由来のビフィズス菌に加えて、ビフィズス菌の働きをサポートするオリゴ糖(ラクチュロース)を配合しています。

サラヤ独自開発のカプセル(腸まで届ける腸溶性サプリメント)によって、生きたままビフィズス菌を胃酸や酸素から守って腸まで届けることができますカプセルは長さ16mm、直径6mmと小さく飲みやすいサイズです。

価格は1か月分(60粒)が2,700円です。

第5位 大正ビオデイ

ビオフェルミン製薬と大正製薬の共同開発サプリメントで、善玉菌を増やし悪玉菌の増殖を抑えるヒト由来のビフィズス菌である「LLビフィズス菌」を含んでいます

またLLビフィズス菌に加え、甜茶(てんちゃ)、シソの実、グァバ葉を配合しています。プロテクトシェルターという構造で、ビフィズス菌を守り腸までしっかりと届けます。

季節の変わり目に体調を崩しがちな人にオススメのサプリメントとなります。顆粒タイプで個別包装なので携帯しやすいのもよいですね。

価格は1か月分(30包)が4,536円。(定期コースは3,629円)

まとめ

ネット販売で人気のビフィズス菌サプリメント、それぞれ特徴があり、飲むために工夫があります。ビフィズス菌サプリメントは継続して飲む事で効果が発揮されるため、価格も選ぶ際にはとても重要となります。

続けられる価格であるか、そしてどのようなビフィズス菌がどのくらい配合されているか、顆粒、カプセルなど飲みやすい形状か、などしっかり調べてから購入しましょう。