ビフィズス菌、オリゴ糖ともに腸内環境を整えてくれる作用があると言われています。どちらも薬ではなく食品として分類されている為、安全性が高いのも魅力的です。ビフィズス菌とオリゴ糖を一緒に摂ることで、さらに効果を大きく期待できます。

その理由についてまとめてみました。あなたも今日からヨーグルト(ビフィズス菌)と一緒にオリゴ糖も摂取してみませんか?

ビフィズス菌ってナニモノ?

私たちの腸の中には1000兆個もの細菌がいます。ざっくりと3つに分けると“善玉菌”“悪玉菌”“日和見菌”となります。ビフィズス菌は善玉菌の仲間で、私たちの体に良い働きをしてくれる菌です。

・乳酸菌とビフィズス菌は違うの?

乳酸菌も善玉菌として知られていますが、ビフィズス菌と違いがわかりますか?私たちの腸内にいる善玉菌の99.9%がビフィズス菌だと言われています。

残りの0.1%以下に入るのが乳酸菌です。そんなビフィズス菌を増やし、ビフィズス菌が住み着きやすい腸内環境にしてくれるのが乳酸菌です。

乳酸菌はビフィズス菌のサポート役と考えると分かりやすいですね。乳酸菌もビフィズス菌も消化液、消化酵素に弱いのが弱点です。

オリゴ糖ってナニモノ?

オリゴ糖は糖質の一種で砂糖よりも甘味は控えめでカロリーも低いことからダイエットにも最適です。オリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌と違い消化液や消化酵素に強く、食物繊維のように消化吸収されずに大腸まで到達するという特徴があります。

オリゴ糖は、“ビフィズス菌のエサ”となってビフィズス菌を増やす効果があります。このことからオリゴ糖は、“腸内ビフィズス菌増殖促進因子 ”と言われています。また、オリゴ糖には血糖値や中性脂肪を上げにくい、虫歯の予防をする効果もあると言われています。

ビフィズス菌とオリゴ糖を一緒に摂るメリットとは?

ビフィズス菌と一緒にエサとなるオリゴ糖を摂取することで、より腸内を善玉菌優勢にする効果が期待できるのです。オリゴ糖の特徴である消化吸収されにくいということがポイントで、確実に腸内に到達することで、善玉菌(ビフィズス菌)のエサにとなるのです。

便秘などの症状がある人は、腸内の悪玉菌が優勢になっている場合があります。そういった腸内環境でオリゴ糖のみを摂っても善玉菌(ビフィズス菌)が少ない為、エサが余ってしまう状態になり、効果が減ってしまいます。

また、腸内にいるビフィズス菌は、腸内で長く生きていけない(2週間ほどで排出される)そうです。ですから、常に外から補充してあげる必要があるのです。

まとめ

ビフィズス菌とオリゴ糖は一緒に摂ると効果がアップすることがわかりました。オリゴ糖はビフィズス菌のエサになって腸内のビフィズス菌を元気にすることで腸内環境を整えるサポートをしてくれます。

また、腸内にいるビフィズス菌はずっととどまっていることは無く2週間程でいなくなってしまう為、一時的にビフィズス菌を摂取しただけでは効果が不十分または元の状態に戻ってしまいます。

オリゴ糖とビフィズス菌を継続的に摂取していくことで、腸内の善玉菌を増やし健康維持に効果が期待できるというわけですね。

日本一売れているオリゴ糖の記事は以下のページで読むことができます。
日本一通販で売れているオリゴ糖!カイテキオリゴの特徴と効果