ヨーグルトのパッケージに良く書いてあるビフィズス菌ですが、なんとなく健康に良さそうというイメージはありますよね。

実はビフィズス菌はダイエットとも関係があるのです。私たちの腸内で生きているビフィズス菌は、健康維持にとても影響力を持つ菌だといえます。ビフィズス菌を積極的に摂取して、ダイエット、健康維持に役立てましょう!

腸内環境が悪くなるってどういうこと?

『腸は第2の脳』と呼ばれている程、私たちの健康を左右するとても大切な器官です。私たちの腸の中には約1000兆個もの細菌が生息していると言われています。

その細菌のうち良い働きをするものが「善玉菌」、そして悪い働きをするものを「悪玉菌」といいます。悪玉菌が増える状況を腸内環境が悪い状態といいます。

生まれてすぐの赤ちゃんの腸内は善玉菌でいっぱいなのですが、残念なことに年齢とともに悪玉菌が増えてしまいます。

悪玉菌が増える原因は、食生活、ストレス、運動不足、加齢など様々です。悪玉菌が増えると、便秘、肌荒れ、免疫力の低下、体力低下など様々な症状が出てきます。

太りやすくなる理由

腸内環境が悪くなっている状況は太りやすい状況といえます。それはなぜでしょう?ひとつは便秘です。腸内環境が悪くなり便秘になることで、腸の動きが衰えてきて代謝が悪くなります。代謝機能が悪いということは、脂肪がつきやすい=太りやすくなるということ。

また、偏食、肉中心の食事、運動不足、ストレスなど悪玉菌が増える状況こそが太りやすい状況だとも言えます。

腸内環境を改善するには?

腸内環境を良くするには、原因である食生活、ストレス、運動不足を見直しましょう。その中でも一番はじめやすいのは食生活の改善です。

悪玉菌を増やす肉類、油脂類を控えて、食物繊維が豊富な野菜を食べるようにしましょう。そしてビフィズス菌を積極的に摂取することで腸内の善玉菌を増やすことができるのです。

腸内の悪玉菌を減らすには、ビフィズス菌を継続的に補充して善玉菌を増やすことが有効です。というのも、ビフィズス菌は一度補充すればずっと腸内にいるという訳ではなく、1~2週間程で便と一緒に排出されてしまいます。

良くなった腸内環境を維持するには、常にビフィズス菌(善玉菌)が不足しない状況をつくる必要があります。

まとめ

腸内環境が悪くなる原因と太りやすい状況に共通点があることがわかりました。腸内環境が悪い=腸内に悪玉菌が多い状況=便秘であったり、運動不足、ストレスなど太りやすい生活を送っているといえます。

腸内環境が悪いかどうか判断するためには、便秘が一番わかりやすい症状であり、これを改善するためにもビフィズス菌を積極的に摂取することで、便秘解消と肥満解消に繋がる。

ビフィズス菌が腸内に多く、善玉菌優勢の腸内環境であれば、便秘もなく、代謝が良い為、太りにくい体だと言えるのではないでしょうか。こういったことから、ビフィズス菌が多い=太らない体質だというのは間違いではないと思います。