ビフィズス菌と乳酸菌は同じ菌の仲間ということで一緒だと思っていませんか。おおざっぱに一緒としてまとめられることもあります。

そこで今回はビフィズス菌と乳酸菌の二つの菌の特徴や違いがあるのかについてまとめてみました。

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌も乳酸菌も、私たちの腸の中で良い働きをしてくれる「善玉菌」と呼ばれているものです。テレビなどでも一度くらいは耳にしたことがある方も多いでしょう。

では一体なにがどう違うのかというと……

・乳酸菌

乳酸菌は糖を分解して50%以上の乳酸を作り出す菌の総称で、腸内でのビフィズス菌のサポート役をしてくれます。生息する場所は自然界一般(牛乳・乳製品、ヒトや動物の腸内、漬物などの発酵食品)となており、酸素があっても生育できます。

腸内にどれくらいいるのかというと、腸内細菌の約1%以下と言われており、形は球状と棒状の乳酸菌があります。

・ビフィズス菌

ビフィズス菌の大きな特徴は、ヒトの腸内でも最優勢な善玉菌であることです。乳児の時に最も多くなっており加齢とともに、どんどん減少してきます。

生息する場所は主にヒトや動物の腸内で、酸素があると生育できないです。糖を分解して乳酸と殺菌力の強い酢酸をつくることで悪玉菌の繁殖を抑えます。腸内にどれくれいいるのかというと、腸内細菌の約10%で形はY字やV字型のもが多くなっています。

違いまとめ

乳酸菌とビフィズス菌の違いは、殺菌力のある酢酸を作るか作らないかです。ただ、どちらも、私たちの健康になくてはならない存在なのは間違いないです。

乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌として、腸内で悪い影響をあたえる悪玉菌を抑えて、免疫バランスを整える力をもっています。

酢酸を生みだすビフィズス菌を摂ることでより、悪玉菌が抑えられ腸内の環境が整備されるということがわかったはずです。酢酸は腸内に防壁を作って、Oー157からの感染を防いでくれるというメリットもあります。

数では乳酸菌よりもビフィズス菌の方が多く、腸内にいる善玉菌の99.9%以上がビフィズス菌となっており、圧倒的に多いことがわかります。

そして、大腸内の善玉菌の増減はビフィズス菌にかかっているといっても良いので、加齢とともに減ってしまうので、積極的に摂っていきたいですね。