ビフィズス菌とアトピーって関係あるのと疑問に思ったことありませんか?一見無関係なことですが、ビフィズス菌は腸内環境を整える作用があり、腸内環境を整えることで免疫力が向上と言われています。

免疫をつけて体の内側から強くなることで、アトピーやアレルギー体質の改善に効果が期待できるのです。

アトピーの原因

アトピー性皮膚炎の原因はまだハッキリしていないこともありますが、皮膚のバリア機能が低下した乾燥状態に、アレルゲン物質(ダニ、ホコリ、食べ物など)や寝不足、過労、ストレスなど様々な環境的要因が重なって起こると考えられています。

アトピー性皮膚炎は乳幼児期の発症が多く、成長と共に治まっていく傾向にあります。しかし、大人になっても続く人、再発する人もいて、再発した場合は治りにくいといわれています。

腸内環境を改善することでアトピー体質改善!

腸内環境が悪くなり腸の中の細菌バランスが崩れてしまうと、アトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまうことがあります。アレルギー体質、アトピー体質の人は、非常に敏感で少しのバランスの乱れによって症状が悪化することがあるのです。

なぜ、腸内環境がアトピーの症状に関係があるのか不思議ですよね?実は腸には、なんと60%の免疫細胞細胞が集中しています。

これは、口から入ってきた食べ物の一緒に、病原菌などの外敵から守る為と言われています。昔から『健康の基本は腸』と言われているのには、腸内環境の重要性を感じます。

健康の基本である腸を強くすることが、アトピー症状を起こしにくくする第一歩です。アトピーは体内にアレルゲン物質が入ってきた時に、免疫細胞が反応してバランスが乱れてしまう事で起きるので

このバランスの乱れを整えることが症状の軽減になるのです。つまり、腸内環境を改善することが、アトピー症状の予防にも繋がるのです。

アトピー体質改善に効果があるビフィズス菌

ビフィズス菌といっても様々な種類が存在しています。特にアトピー性皮膚炎に効果が期待できるといわれているのが“ビフィズス菌LKM512”です。

ビフィズス菌LKM512は1997年に発酵乳から発見されたビフィズス菌の一種です。胃酸に強いので、生きて腸まで到達する能力が高く、さらに大腸で増えるという特徴があります。治りにくいとされている成人のアトピー性皮膚炎の症状改善が確認されている。

まとめ

アトピー体質の改善にはビフィズス菌が有効とされています。腸内環境を整えることで、内から強くなりアトピーの症状が出にくい体質に変えられる可能性があります。

ただし、体質改善には時間がかかるので、毎日コツコツとビフィズス菌や乳酸菌を摂って腸内を善玉菌優勢にすることから始めましょう。