野菜ジュースを飲むと満足感を感じますよね。野菜ジュースを飲んでいると、なんだかとても健康になれるような気がしますね。

食物繊維も含まれているみたいだし、長期の便秘も解消しれくれそうな感じです。では実際に野菜ジュースを長く飲み続けると、便秘解消に効果を発揮するのでしょうか。

野菜ジュースで便秘解消できる?

便秘の原因は色々あるといわれており、「食物繊維」の他に、「乳酸菌」や「オリゴ糖」「マグネシウム」「ビタミンC」なども便秘解消に必要な栄養素とされています。

野菜ジュースの弱点は、ジュースにすると食物繊維、ビタミンCなどの栄養分が減ってしまうことです。減ってしまうのなら飲む意味がないのではと思いますよね。“意味がない”という訳ではありません。

食物繊維やビタミンは生野菜を摂るときよりも減ってしまいますがゼロではないのです。また、野菜ジュースを飲むことで便秘解消に必要とされる「水分」を摂ることができるので、便秘解消できたという人も多くいます。

便秘解消への即効性は低いかもしれませんが、野菜ジュースを摂り入れて食生活を改善することは結果的には便秘解消にも繋がります。

市販の野菜ジュースの中には、ビタミンやマグネシウムを多く含んでいるものもあるので、商品の成分表示を確認して選んでみるのも良いでしょう。

便秘解消にはミキサーで野菜ジュース作り!

手作りで野菜ジュースを作る場合はジューサーよりもミキサーがオススメです。ジューサーの方が口当たりが滑らかで飲みやすいですが、食物繊維を分離してしまいます。

便秘解消の為に飲むなら、なるべく多くの食物繊維を摂りたいですよね?そんな時はミキサーで野菜ジュースを作って繊維も一緒に飲みましょう!

特にゴーヤジュースがオススメです。ゴーヤは腸の蠕動運動を活発化させる成分を含んでいるため、便秘解消に効果が期待できる食材の一つです。

また、ビタミンCやカロテンなども含み、高血圧や高血糖、高コレステロールなどの生活習慣病の予防にも効果があります。ゴーヤだけでは飲みにくいので、豆乳やバナナと一緒にミキサーにかけて飲むのがオススメです。

さらに食物繊維を含むバナナを一緒に摂ることで便秘解消効果アップにも繋がるはずです。

野菜ジュースは補助として飲むもの

最初に書いた通り、食物繊維やビタミンCを摂るなら生野菜で摂るのが一番です。しかし、多量の生野菜を食べるのは簡単なことではありませんよね。

ジュースにすることで、沢山の野菜を凝縮して摂取することができます。便秘解消には、バランスの良い食事が大切です。このバランスを良くするために毎日の食事に野菜ジュースをプラスすることで栄養を補うことができるのです。

まとめ

野菜ジュースは単体では便秘解消効果はあまり期待できないかもしれないが、食事バランスを整えて便秘を解消しようとするためにプラスワンアイテムとして飲み続けることで効果を発揮する可能性は十分にあります。

手作り野菜ジュースは、いろいろな食材を使って工夫できるので味を変えて長く続けることができます。毎日の生活に野菜ジュースを取り入れて、体の内側から健康になりたいですね。