ヤクルトは皆さん1度は飲んだことはあるのではないでしょうか?しかし、続けて飲んでいるという人は案外少ないかもしれません。

ヤクルトを続けて飲むことで良いことなどはあるのでしょうか?今回はヤクルトの特徴やその効果について説明していきます。

ヤクルト菌の特徴について

ヤクルト菌は生きたまま腸まで届くように育てられた乳酸菌です。胃酸や胆汁に強く、生きたまま腸まで届き効果を発揮してくれます。

ヤクルト菌は腸の中で乳酸を作り出しますが、それが腸を刺激して、ぜん動運動を活発化し、便通を自然な形でよくしていく効果があります。

また、腸内で悪玉菌(有害物質を発生させる悪い菌)が増えるのを抑えてくれます。腸内の環境が整うことは、身体全体の健康へつながります。

年齢とともに免疫細胞も減ってしまうのを知っていますか?乳酸菌は、免疫細胞に刺激を与え活性化させてくれます。免疫力がアップすることでアレルギー症状やアトピー症状の緩和や、感染症予防にも効果があると言われています。

続けて飲むことで効果がある!?

ヤクルトを飲んでいた人の方が発症した時の発熱日数が少ないという実験結果がでています。これはヤクルトを摂取して腸内環境が整備され、免疫力が上がった効果と言われています。

ヤクルトを数回飲んで、便通があったからもうイイヤとやめてしまってはもったいないですよ!私たちの腸内の善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌)は、年齢と共に数が減っていきます。

また、外部からとった乳酸菌も運よく腸内に住み着いてくれたとしても1週間で排出されてしまうんです。なので、摂取をやめてしまうと腸の中の善玉菌は数が減ってしまいます。

効果を感じるにはだいたい2週間飲み続けると良いと言われています。

糖分に注意しよう!

ヤクルト飲料は甘くてすっきりした味がしますよね。その甘さには糖が含まれていますので実はカロリーもありますよ。

ですから飲みすぎには注意しましょう。飲む場合は1日に1本など数を決めてのむようにするか、カロリーオフのヤクルトを選んで飲むといいかもしれませんね。

まとめ

ヤクルトは続けて飲むことで、良い腸内環境を保つことができます。効果を実感し、飲むのをやめてしまうと、腸内の善玉菌は減ってしまう恐れがあります。

食生活によっては、せっかく整えられた腸内環境が悪くなってしまうかもしれないです。できることなら、毎日続けてヤクルトを飲んでいきたいですね。