最近、スーパーに行くといろいろなヨーグルトを目にしませんか?便秘を解消する為にヨーグルトを買うなら、どのような乳酸菌やビフィズス菌が含まれている商品なのかチェックしてみましょう。

なんとなく買うよりもヨーグルトについて詳しく知ったほうが効果も実感しやすいはずですよ。

ヨーグルトで便秘解消できるのはなぜ?

ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌は、私たちの腸内にも元々生息している善玉菌と呼ばれる細菌です。便秘の原因のひとつが、腸内環境が悪くなることです。

腸内に生息している善玉菌の他に悪玉菌という悪い影響をする菌が増えてしまうことで腸の動きが悪くなってしまいます。腸内環境を良くするには、善玉菌を増やすことが挙げられます。

善玉菌は年齢と共に減ってしまう傾向にあります。また、一時的に外から乳酸菌やビフィズス菌を摂取して善玉菌が増えたとしても1週間くらいのサイクルで排出されてしまうのです。

ですから、継続的に乳酸菌やビフィズス菌を摂取して常に腸内を綺麗な環境にしておくことが便秘予防にもなるので、毎日、続けやすいヨーグルトは効果的な商品と言えるのではないでしょうか。

乳酸菌やビフィズス菌は種類がある

乳酸菌やビフィズス菌は熱や酸に弱いことから、腸にたどり着くまでに死んでしまうという弱点がありましたが、長年の研究のおかげで熱や酸に強く、生きたまま腸へたどり着くことができる乳酸菌を含む商品が増えてきました。

生きて腸まで届くことで、善玉菌として効果を発揮します。死んでしまった乳酸菌は生きている善玉菌のエサとなりますので無駄にはなりません。

ヨーグルトを選ぶポイント!

・腸まで届く乳酸菌を含んでいる

腸内の善玉菌を増やすためには、生きたまま腸に届く乳酸菌を含む商品を選びましょう。その目安となるのはパッケージとトクホのマークです。このトクホマークのある商品は生きて腸に届くことを証であり、消費者庁が認めた商品なのです。

・自分と相性の良いヨーグルトを見つける

1週間くらい様子をみて効果がないなあと思ったら、他のヨーグルトに変えてみましょう。腸内のタイプは人それぞれで乳酸菌やビフィズス菌と相性があります。ですから相性の合うヨーグルトを見つけけることも選ぶポイントの一つです。

便秘解消が期待できるヨーグルト

1.明治ブルガリアヨーグルトLB81(トクホ)

ブルガリア菌、サーモフィラス菌が含まれています。1日100g以上摂取することで腸内細菌のバランスと整える効果、おなかの調子を良好に保つ効果が期待できます。

2.雪印メグミルク ナチュレ恵(トクホ)

ビフィズス菌SP株、ガセリ菌SP株 2種類の菌が含まれています。ガセリ菌はヒト由来の乳酸菌で腸内に長くとどまることができるのが特徴でビフィズス菌SP株は、人の大腸に住む代表的な善玉菌です。やや硬めのヨーグルトです。

3.森永ビヒダスヨーグルトBB536菌(トクホ)

ビフィズス菌の仲間であるBB536菌を含んでいます。他のビフィズス菌に比べて、酸や酸素に強いので生きたまま腸に到達することができるのが特徴です。高い整腸効果があることが実証されています。

4.ダノンビオ

BE80を中心に5種類の菌をブレンド(サーモフィラス菌、ブルガリカス菌2種類、ラクトコッカスラクティス菌)しています。BE80という生きたまま腸に届くこう生存ビフィズス菌を含んでいます。酸味が少なくクリーミーな食感で食べやすいです。

まとめ

沢山のヨーグルトがあるように、乳酸菌やビフィズス菌にも種類があり、それぞれ特徴があります。人よって腸内に合う合わないがありますから、食べて効果が感じられないようであれば別のヨーグルトを試してみましょう。

便秘になってからヨーグルトを食べるのではなく、継続的に善玉菌を増やすようヨーグルトを食べることが便秘解消、予防に繋がるはずです。