やっと出たと思ったらコロコロとした小さい便しかでない時ってありますよね。なんだかスッキリしなかったり、排便時に痛かったりするのは、便の水分が少なくて硬いからなんです。

便秘を解消する為にも、しっかり水分、食物繊維を摂る必要があるんです。

コロコロした便は水分が足りていない

コロコロした便は便秘の時に多く、水分が足りていないというサインです。やっと出たと思っても、コロコロした便が出るときはなんだかスッキリしない事が多くないですか?

コロコロとした便は水分が少ないため硬く、排便するときに肛門や腸内に痛みや不快な感覚を感じる場合もあります。

便秘の原因は食生活の乱れや運動不足など様々ですが、コロコロの便が出ている時は水分不足を疑ってください。体の中の水分が足りない状況になると、私たちの体は外に出す水分を減らそうとする為、便の水分が少なくなり硬くなってしまいます。

そして水分が少ない便は肛門から排便しにくくなり、便秘になりやすくなってしまいます。また、この水分不足の状態で腸内に便が残ると、水分がどんどん奪われて、より硬い便になり便秘が続く原因になってしまうのです。

水分補給を心がけて!

コロコロとした便が出ている時は、意識して水分を多めに摂るようにしましょう。水分と言ってもコーヒーや紅茶、緑茶などは利尿作用がありますので、体内から水分の排出を促すので控えたほうがよいです。

やはり普通のお水やミネラルウォターが一番適しているといえるでしょう。

食物繊維を摂取しましょう

水分と一緒に食物繊維の多い食べ物を食べてみましょう。たとえば海藻類、果物類などです。海藻類、果物に含まれる食物繊維は、水に溶けるとゼリー状になるため、便を柔らかくしてくれます。

食物繊維=ゴボウを想像する方が多いと思いますが、ゴボウに含まれる食物繊維は便を硬くしてしまう可能性があるのでコロコロとした便が出ている時は控えた方がよいでしょう。

まとめ

コロコロとした小さい便が出ている時は、水分不足であるサインです。水分と食物繊維を摂って、便を柔らかくしてから出してあげることが便秘解消に繋がります。

コロコロとした小さな便が出ないというい方は今日から早速、水分補給と食物繊維の多い食べ物を摂っていきましょう。