女性が気になる悩みというのが、なんといっても肌荒れではないでしょうか。肌が荒れているとテンションガタ落ちですよね。

そして、女性に多いと言われている便秘ですが、肌荒れになった時に便秘になっていることって多くないですか?実は便秘と肌荒れには、意外な関係があったのです。

便秘と肌荒れの関係性

便秘になると腸の中で便が腐りはじめ、有害ガスや老廃物質が発生してしまいます。有害ガスはオナラとして外に出たり、お腹の中にいてお腹が張る原因になります。

老廃物質は便として外へ出ていくべきなのに、出ていくことができないので、どうにか外に出そうと他の方法をとってしまいます。それが肌荒れになるのです。

老廃物質は水分と一緒に大腸から吸収されて体中をめぐります。そして皮膚から出たときに、ニキビなどの肌荒れになってしまうのです。

便秘になって肌荒れが起きたときは、毒素が体内をめぐって外に出てきた証拠です。そう思うと、たかが便秘と思えなくなってきますよね。

また、腸内環境が悪化しているときは自律神経の動きを弱めると言われています。自律神経が弱まることによって、新陳代謝も弱まり、肌トラブルを起こしやすくなります。

便秘と肌荒れの原因は共通点がある

便秘になったから肌荒れになったというのも考えられますが、便秘になってしまった原因自体が肌荒れを起こしているのかもしれません。便秘になる原因は人によっても様々です。

 ・不規則な食事、生活
 ・食物繊維、水分、皮脂などの摂取不足
 ・ビタミン不足
 ・精神的ストレス

これらは便秘の原因になると言われていますが、肌荒れの直接的な原因になる可能性も十分にあるのです。

まとめ

便秘と肌荒れには関係性がありますので、便秘になっている原因が肌荒れの直接的が原因になっている可能性もあります。

便秘になって肌荒れになるということは、体内で毒素がめぐりめぐって皮膚から出ているということなので、早く便秘を解消する必要があるというサインです。予防としてバランスの良い食事、規則正しい生活、ストレス発散、適度な運動を心がけましょう。